不動産業者の仕事

いろいろなマンション

売買を扱う仲介業者と賃貸を扱う仲介業者がいます

不動産に関するサービスといえば、以前であれば、売買専門に扱う仲介業者と賃貸専門に扱う仲介業者がメインでした。 住宅を売りたい人や買いたい人は、売買専門の仲介業者に対して物件の売却や購入の依頼をするしかありませんでした。同様に、物件を貸したい人や借りたい人は賃貸専門の仲介業者に依頼するしかなかったのです。 また、インターネットが普及する前は、仲介業者ごとに取り扱う物件情報が異なっていたため、複数の仲介業者に対して依頼をすることが必要であり、非常に手間がかかっていたのです。当然、売買であれ賃貸であれ取引が成立するまでに時間がかかっていました。 しかし、インターネットが普及した現在では、飛躍的に成約までの時間を短縮することができるようになりました。

ホームページを活用することが主流となっています

まず、売買であれ賃貸であれ、それぞれ物件を掲載するホームページが多数開設されています。以下では売買の例で考えてみることにしましょう。 不動産を売りたい人は、売買物件の掲載ホームページに自ら物件情報を掲載することができるようになりました。これにより、買い手探しを行う仲介業者はもちろん、不動産を買いたい個人が直接ホームページを閲覧することができるようになったため、買主を広く募集することが可能となったのです。これにより、不動産売買契約が成立するまでの期間を短縮することが可能となりました。 また、売主が自ら物件掲載し、買主が直接売主と交渉をすることにより「仲介手数料」が発生しないで済むことも多くなり、売主・買主の双方にとってもメリットが生まれるようになってきたのです。 仲介業者にとってはつらい時代となりましたが、今後もこの傾向は続くことでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加