厳しくなる不動産

家と玄関までの道

管理会社に存在する説明義務

不動産に関する管理やそれに関する情報については、年々その扱いが厳しくなっています。 インターネットで情報を当たり前のように手に入れることが出来る時代になったからこそ、そうした情報は的確に伝えなくてはいけません。 実際、不動産を管理している者はその情報を不動産購入したり借りたりする人に対して説明する義務が存在します。 この義務は重要事項に関する説明義務などと言われますが、この説明をしないと不動産を管理する会社は相手に対して物件を提供できません。 しかも、この説明はその不動産を取得したい本人を目の前にして説明しなくてはいけないのです。 これは宅地建物取引業法で決まっていることなので、不動産会社と言えども避けては通れません。

不動産を提供してもらう者の立場を理解する

不動産に関する重要な説明がなかったときには、法律上その不動産を管理する会社は責任を取らなくてはいけません。 では、不動産を提供してもらった本人はどのような対処を取れば良いのでしょうか。 この場合、相手に対して生じた損害に対してきちんと賠償してもらうことが可能です。 例えば、提供してもらった不動産が事故物件に該当していた場合にはほぼ確実に補償を受けることが出来ます。 物件の取得にかかった費用だけではなく、別の場所に引越しをするための料金も支出してもらえることが出来るのです。 売買取引をするときには法律に基づいた合意が必要です。 この合意に関して何らかの錯誤が合った場合には、必ずその契約を破棄出来るためその点はきちんと知っておかなくてはいけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加