競売の前に

一戸建てと庭

任意売却をすることによるメリットとは

住宅ローンを滞納した場合は、まず保証会社から代位弁済通知書というものが送られて来ます。これは、保証会社が代わってローンを一括返済したという通知です。しかしこれでローンが終わったわけではなく、今度は保証会社から督促が来るようになり、払えないと家が競売にかけられてしまいます。この競売は、債務者の意見はまず通らず、しかも普通の不動産価格の七割程度で売却され、お金がいくらか残った場合でも、すべて返済に回されてしまうという、債務者に取っては得るものの少ないシステムです。 競売を避けるためには、住宅ローンが払えなくなった時点で任意売却を検討するのがお勧めです。任意売却の場合は、債務者が債権者と話し合いをすることもでき、普通の不動産とほぼ同じ値段で売却されるので、お金も多少は手元に残すことができます。

どのような所に頼むといいのでしょうか

それでは、どのような所に頼めば、任意売却の手続きをしてもらえるのでしょうか。まず、任意売却専門の弁護士または司法書士に依頼してみましょう。それ以外には、専門業者という選択肢もあります。知り合いに弁護士や司法書士がいない場合は、弁護士会や法テラスで相談してみましょう。もちろん、ネットで検索するという方法もあります。 弁護士や司法書士に頼んだ場合は、着手金と報酬とで大体30万円から60万円程度になります。専門業者の場合は無料です。なぜかといいますと、専門業者は売却した代金から報酬を得ることになっているからです。いずれの場合も、転居資金として20万円から50万円ほどが出ますが、あまり高額の転居費用を持ちかけてくる業者には注意してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加