設計事務所に依頼

マンションと公園

どのような特徴で事務所を選択するのか

メディアに登場するようなおしゃれな住宅を建築している人の多くが設計事務所で設計しているのです。もちろん設計事務所だけでなくても工務店などで建築している人もいますが、設計事務所という選択肢が一番自由度の高い建築方法なのです。ハウスメーカーや工務店で住宅を建築する場合によく言われるのが複数の会社で同時に商談を行いより信頼のできる価格も納得のできる建築会社を一社絞ることで失敗なく住宅建築ができるといわれています。しかし設計事務所で住宅を建築する場合には複数の会社と同時並行で商談をすることは難しいのです。というのも設計事務所で住宅を設計する場合には設計を依頼する段階で設計監理契約を行います。料金体系は事務所によって異なりますが、設計を依頼するだけでも費用が掛かり複数社と同時で商談するメリットがないのです。

設計事務所を探す際の注意点

設計事務所で住宅を建築する際の流れとしては設計事務所を訪れます。どういった住宅を建築したいのか、料金体系などの説明があります。事務所の中には初回のプランニングは無料で行ってくれたり、回数を限定して無料で設計を行ってくれる会社もあります。こうした資料や情報をもとにお互いが納得いけば設計監理契約を行います。設計事務所では設計と現場の監理業務を行います。実際に施工を行うのは工務店などの別会社です。ですから工事契約に関しては工務店などと別途契約を結ぶ必要があります。この場合設計事務所と工務店とは別に料金を支払う必要があります。どちらの会社とも複数回に分けて料金を支払うようになります。設計事務所は設計に関しては膨大な知識と経験を持っている人が多数在籍しています。しかし住宅を建築する際には設計だけでなく資金計画やローン、登記など設計以外の知識も必要になります。こうした部分でもしっかりサポートをしてもらえる事務所を見つける必要があるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加